インテリア豆知識 家具の材料

食材として材木として、栗の木は縄文時代より前から私たちの生活にはなくてはならないものでした。
樹木で立っている時は、甘い香りがするために虫によくたべられてしまったりしますが、材になると虫にも水にも強い材なのです。
しかし、強さゆえに線路の枕木として大量に使われてしまい、すっかり量が減ってしまいました。今では貴重になってしまった栗の木は、力強い独特な木目でステキです。「タンニン」という成分が多い木なので、年数が経つと深みのある茶色に変わってきます。
家具に使われる栗の木は、山栗という山の中に生える大きな栗の木です。童謡の「大きな栗の木の下で」に出てくる栗も山栗です。
ちなみに栗の木は英語で「マロン」ではなく、「チェストナット」といいます。ヨーロッパではいいタンス(チェスト)は栗の木でつくっていたからです。
胡桃

ケーキやお菓子などによく入っているあのくるみの木です。くるみの実には老化防止効果があり、栄養も豊富で昔から人々に愛されてきました。実がおいしいだけではなく、家具の材料としても優秀なのです。
日本のくるみは赤みがかった肌色、アメリカのくるみの木(アメリカンブラックウォールナットはこげ茶色をしています。
アメリカンブラックウォールナットは美しい色がついている木なので、世界的にみても高級材といわれています。3年、5年と時間が経つにつれて、明るくまろやかな茶色になっていきます。
厳しい寒さのもと、ゆっくりと時間をかけて成長します。

みなさん、昔どんぐりを拾ったことはありませんか?楢はどんぐりの木なんです!
そして樽(たる)という漢字をよ~く見てみてください。「楢」の漢字が隠れていますね!
そうなんです。樽は楢の木で作られています。硬くて丈夫な木なので、お酒を熟成させるため何年も使われる樽にはもってこいの材です。
昔、北海道の楢の木が大量にヨーロッパに輸出されヨーロッパの高級家具になったのはあまり知られていませんが、そのため楢の木が激減し今では伐採が制限されています。
なぜなら 100年後に使われる材として大切に育てられているためです。日本を代表する木だと頑固おやじは思います。

タモ

grafの家具によく使用される、深くはっきりした木目の美しさを持った、経年変化を楽しむことができる上質で丈夫な木材です。
バットの原材料としても使用されています。

オーク

斑(ふ)と呼ばれる、木目とは別に走る筋があるのが特徴です。
その美しい表情から高級木材として知られ、ヨーロッパでは古くから家具はもちろん、家屋や船などに幅広く使用されてきました。
オークとは、わかりやすく言うとドングリが実る木のことを指します。

チーク

油分を多く含む東南アジアが原産の木材です。
長く使うと深みを持った綺麗な飴色になることから家具材として重宝されています。
水に強い特徴を持ち、古くからヨットや船の甲板によく使われています。
北欧の家具に多く使われている木材でもあります。

アルダー

オイル塗装をすると褐色になり綺麗な木目を見せてくれます。
grafでは節の風合いを活かし、木が持っている無骨さや逞しさといった表情が楽しめる使い方をしています。
エレキギターなどの楽器によく使用されている木材です。
ウォルナット (walnut)
なんといっても特徴は珍しい赤い木目です。
世界的に高級材として扱われており、工芸品や高級家具の材料として用いられています。
独特の色味から装飾材や突板などに加工されています。クルミのなる木としても有名です。
岡崎・名古屋のインテリア・雑貨・家具 GOMANGOKU

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>